Miyuki Nakajima / 中島みゆき

中島 みゆき (なかじま みゆき、1952年2月23日 – ) は、北海道札幌市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューした。

オリコンにおいて、4つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストであり、他のアーティストへの提供曲が、5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得している。また、自身の歌唱も含めると、作詞・作曲を手掛けた作品が5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得したことになる。

 ・ 中島みゆきのまとめサイト: 100MiyukiNakajima.com

1975年5月、財団法人ヤマハ音楽振興会の主催による「第9回ポピュラーソング・コンテスト」に「傷ついた翼」が入賞した。9月には「アザミ嬢のララバイ」でキャニオン・レコードからレコード・デビューを果たす。1975年10月の「第10回ポピュラーソング・コンテスト」に「傷ついた翼」から急遽差し替えた「時代」によってグランプリを受賞した。11月の第6回世界歌謡祭 でもグランプリを受賞した。「時代」は12月に2作目のシングルとして発売。これをきっかけにミュージシャンとしての実力をヤマハミュージックの川上源一に見出される。

1976年4月、ファースト・アルバム『私の声が聞こえますか』を発表。その後現在まで、1年につきアルバム約1枚のペースでコンスタントに作品を発表し続けている。同年には研ナオコに提供したシングル「あばよ」が大ヒットし、ソングライターとしての名を世間に知らしめる。翌年には歌手としても「わかれうた」が70万枚を超えるセールスを記録し、ミュージシャンとしての地位を確固たるものにした。作詞家・作曲家としても、先述の研ナオコに提供した「かもめはかもめ」をはじめ、桜田淳子「しあわせ芝居」、増田けい子「すずめ」など数多くのヒット曲を世に送り出し、大きな成功を収めた。

1976年にデビューした中島みゆきの初期のアルバム

1976年にデビューした中島みゆきの1980年代の初中期のアルバム

中島みゆきの1990年代のアルバム

関連記事

  1. Haruomi Hosono / 細野晴臣

  2. Yosui Inoue / 井上陽水

  3. Off Course / オフコース

  4. Sada Masashi : さだまさし

  5. Mayumi ITsuwa / 五輪真弓

  6. Taeko Ohnuki : 大貫妙子

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。