Eiichi Otaki / 大瀧詠一

大瀧 詠一、大滝 詠一(おおたき えいいち、本名:大瀧 榮一、1948年7月28日 – 2013年12月30日)は、日本のミュージシャン。
シンガーソングライター・作曲家・アレンジャー・音楽プロデューサー・レコードレーベルのオーナー・ラジオDJ・レコーディングエンジニア・マスタリングエンジニア・著述家、元Oo Records取締役など、多くの顔を持つ。

 ・ Eiichi Otaki : 大瀧詠一のページ

はっぴいえんど活動中の1971年にソロ活動を開始し、アルバム『大瀧詠一』(1972年)を発表。はっぴいえんど解散後はソロ活動に移行せず、当時のシンガーソングライターとしては異例であるCMソングの制作と、ごまのはえ、布谷文夫など若手のプロデュースを始める。
1974年9月には自らが作詞・作曲・編曲・プロデュース・エンジニア・原盤制作・原盤管理などをこなすプライベートレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立し、エレックレコードと契約。翌1975年にははっぴいえんど解散後初となるソロアルバム『NIAGARA MOON』を発表。また、ラジオ関東(現在のアール・エフ・ラジオ日本)で、DJをつとめる番組『ゴー・ゴー・ナイアガラ』を開始し、学生層のコアなファンを獲得するなど、精力的にソロ活動を開始するが、その矢先、エレックレコードが事業縮小し、契約破棄される。

1976年にコロムビアレコードにナイアガラごと移籍する。
『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』『GO! GO! NIAGARA』『NIAGARA CM SPECIAL Vol.1』はヒットを記録したものの、趣味性の強すぎる楽曲が災いし、以降作品の完成度とはうらはらに売り上げが低迷。1977年の『NIAGARA CALENDAR』はチャート入りさえしなかった。
1978年の『LET’S ONDO AGAIN』を最後にコロムビアとの契約を解消。

1979年からはプロデュース業を手掛け、翌1980年にプロデュースの仕事で出入りすることが多かったCBSソニーに移籍。旧友である松本隆と組んで、ナイアガラサウンドの集大成となる作品のレコーディングに取り掛かる。このレコーディングの最中に、女性向きと考えた「さらばシベリア鉄道」を太田裕美に提供。同曲は大瀧の曲で初めてのヒットシングルになった。
1981年3月に『A LONG VACATION』を発表。当初は売り上げが低迷していたが、徐々にセールスを伸ばし、夏にはチャート2位を記録。「第23回日本レコード大賞・ベストアルバム賞」を受賞した。1983年まで精力的に楽曲提供・プロデュースを続け、松本とCコンビでの松田聖子の シングル『風立ちぬ』で初のチャート1位を記録。うなずきトリオのシングル『うなずきマーチ』では大滝作詞曲で初のチャート入りを果たすなど、多くのアイドルソング・コミックソングなどを手掛け一躍名声が高まる。また森進一の『冬のリヴィエラ』や小林旭の『熱き心に』など演歌系のジャンルにも進出を果たす。

Eiichi Otaki / 大瀧詠一のアルバム

 ・ 大瀧詠一(1972年)
 ・ NIAGARA MOON(1975年)
 ・ NIAGARA TRIANGLE Vol.1 (1975)
 ・ GO! GO! NIAGARA (1975)
 ・ NIAGARA CM SPECIAL Vol.1 (1976)
 ・ NIAGARA CALENDAR (1977)
 ・ LET’S ONDO AGAIN (1978)
 ・ TATSURO YAMASHITA FROM NIAGARA (1980)
 ・ A LONG VACATION (1981)
 ・ EACH TIME (1981)
 ・ Best Always (2013)

関連記事

  1. Akiko Yano / 矢野顕子

  2. Kazumasa Oda : 小田和正

  3. Miyuki Nakajima / 中島みゆき

  4. Ami Ozaki : 尾崎亜美

  5. Haruomi Hosono / 細野晴臣

  6. Minako Yoshida / 吉田美奈子

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。